日本 原発の警備を強化する方針 ウクライナの原発をめぐる状況を受け

© AFP 2022 / Tomohiro Ohsumi / POOL福島第二原発【アーカイブ】
福島第二原発【アーカイブ】 - Sputnik 日本, 1920, 14.03.2022
ウクライナの原子力発電所をめぐる状況を受け、日本の当局は国内の原子力発電所の警備を強化する方針であることが分かった。
日本の警視庁の桜沢健一警備局長が、14日の参院予算委員会でこのような考えを示した。東京新聞が報じている
参院予算委員会で桜沢氏は、「原発を含む重要施設の警戒警備を徹底していく」と強調し、現在は国内のすべての原発に「警備隊を常駐させて365日、24時間警戒警備を実施している」と明らかにした。
また岸田文雄首相は、原子力施設の警備に専従部隊を設けている福井県警の取り組みを展開できないか検討するとの考えを示した
Премьер-министр Японии Фумио Кисида - Sputnik 日本, 1920, 11.02.2022
日本の首相官邸 原発の重大事故を想定した訓練を実施
日本は、ウクライナにある原子力発電所の安全性について繰り返し懸念を表明し、原子力発電所周辺での戦闘行為の停止を求めてきた。
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。
関連ニュース
ウクライナに関するIAEA決議、チェルノブイリ原発の管理をウクライナ当局に移すようロシアに要請
チェルノブイリ原発の電源復旧、冷却装置が再起動=宇エネルギー相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала