ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ドネツクでロケットの破片が落下 少なくとも17人が死亡 28人が負傷

ドネツク中心部で撃墜されたウクライナのミサイルシステム「トーチカU」の破片が、車とバスの上に落下した。これにより20人が死亡、9人が負傷した。
現在、ドネツク人民共和国・非常事態省の救助隊やその他の特殊部隊、医療従事者、爆発物の専門家がドネツク中心部の現場で活動している。

この件について同共和国のデニス・プシーリン代表は、「もしミサイルが目的地に到達していれば、殺傷半径は500メートルとなり、すべての生物が消え失せていただろう」と述べている。

ミサイルシステム「トーチカU」による攻撃により、プシーリン代表は同共和国として喪に服すことを宣言した。

正確なデータによると、「トーチカU」の破片が落下したドネツク中心部で17人が亡くなり、28人が負傷した。ドネツク共和国の国防本部が発表している。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала