ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナの民族主義者が化学物質による挑発行為を準備 ロシアを非難するため=ロシア国防省

© Press service NDCC / メディアバンクへ移行ロシア連邦国防管理センターのミハイル・ミジンツェフ所長
ロシア連邦国防管理センターのミハイル・ミジンツェフ所長 - Sputnik 日本, 1920, 20.03.2022
ロシア連邦国防管理センターのミハイル・ミジンツェフ所長は19日の会見で、ウクライナのいくつかの住宅地では、民族主義者がロシア軍を非難するために有毒化学物質を使用した挑発行為に向けて準備しており、これは米国指導部や欧州連合(EU)諸国の直接的な支援を受けて行われるとの見解を表明した。
ミジンツェフ所長は「あまりにも酷い事実だ」とし、「スームィ州の化学工場では、民族主義者がアンモニアや塩素の貯蔵施設を敷設した。ロシア軍と思しき部隊が街に侵入した場合、スームィ州の住民を大量に毒殺する目的だ」と説明した。
また、ミジンツェフ所長は「南部ムィコラーイウ州のコトリャロボ村では、民族主義者の過激派組織が結成され、有毒化学物質を使用した挑発行為に向けて準備している。ロシア軍と思しき部隊が接近すると爆破する計画で、有毒化学物質の入った容器はすでに地元の小学校に持ち込まれている」と述べた。
ロシアの国連大使にワシーリー・ネベンジャ氏 - Sputnik 日本, 1920, 19.03.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナと米国は生物毒素兵器禁止条約に違反しており、ウクライナでの軍事生物活動に関する証拠が見つかっている=ロシア国連大使
ロシア側は、ウクライナ政府によって計画された冒涜的な挑発行為について、事前に全世界や国際機関に警告した。ミジンツェフ所長は、もしも挑発行為が実行された場合、以前に何度も生じたように、再びロシア軍が非難されるのだろうと強調した。
ミジンツェフ所長は「これはすべて、米国指導部やウクライナを反露政策の手段と見なしている多くのEU諸国の直接的な支援を受けて行われる」と指摘した。
関連ニュース
ウクライナにおける軍事生物計画の存在を調査することはできない=国連
米中首脳会談開催、対露軍事支援とウクライナ東部の生物研究所について議論=ホワイトハウス
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала