ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナに関するロシアの決議に対する国連安全保障理事会の投票が西側の動機を明るみに出した=ロシア国連大使

© Sputnik / Nancy Siesel / メディアバンクへ移行ロシアのネベンジャ国連大使
ロシアのネベンジャ国連大使 - Sputnik 日本, 1920, 24.03.2022
ロシアのネベンジャ国連大使は国連安全保障理事会の会合で、交渉による停戦を求めるロシアの人道的決議に関する国連安全保障理事会の投票は、ウクライナ人を助けることよりも人道的問題の政治化が重要である西側の代表の動機を明るみに出したと表明した。
先に、ロシアと中国だけがロシアの決議案に賛成し、安全保障理事会の他のメンバーは棄権した。決議は採択されなかった。
ネベンジャ国連大使は「この投票は、貧しいウクライナ人に人道支援を提供する上で、国連の支援よりも人道関係書類の政治化が重要であるすべての人々の動機を明るみに出した」と述べた。
ロシアの国連大使にワシーリー・ネベンジャ氏 - Sputnik 日本, 1920, 19.03.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナと米国は生物毒素兵器禁止条約に違反しており、ウクライナでの軍事生物活動に関する証拠が見つかっている=ロシア国連大使
またネベンジャ国連大使は「一部の代表団、特に米国の代表団から、ロシアが提案した決議に参加したくないと聞いている。だったらなぜ棄権したのか?反対すればいい。我々はあなたの棄権の本当の動機が拒否権を使わないことであるということをよく理解している」と強調した。
関連ニュース
ポーランドの露外交官らの追放 ウクライナ難民のロシア入国遮断が本音 露外務省
ウクライナからの避難民受け入れを表明する日本 日本に向かう避難民はいるのか?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала