ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

「ウクライナ側に2歩歩み寄り」 露代表団団長が紛争緩和の過程を指摘

© Sputnik / Александр Вильф / メディアバンクへ移行イスタンブール
イスタンブール - Sputnik 日本, 1920, 29.03.2022
イスタンブールでのロシアとウクライナの交渉を総括し、ロシア代表団のウラジミール・メディンスキー代表は、ロシアは紛争を緩和するためにウクライナ側へ2歩歩み寄っていると述べた。その歩み寄りの内容についてはメディンスキー氏は軍事的、政治的な内容であったことを示した。
メディンスキー氏は次のように指摘している。

「交渉は建設的であった。ウクライナ側からは合意に入れるウクライナの立場が、分かりやすく構築された提案を検討に付すよう、しめされた。提案は近日中にも検討され、プーチン大統領に報告され、我々もしかるべき回答を渡す」

メディンスキー氏は、ロシアは当初からプーチン、ゼレンスキー両首脳会談について、双方が合意案を策定した段階で実施可能だと語っていた。
先に、ロシア代表団の団長をつとめるウラジーミル・メディンスキー大統領補佐官とウクライナ代表団のメンバーで、与党「国民の奉仕者」の議会派閥のダビッド・アラハミヤ代表が3月29日、非公開で随伴を排して会談を行ったと報じられていた。
ロシアのショイグ国防相(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 29.03.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナ特殊作戦 第1段階の主要な課題は遂行 ドンバス解放に集中できる=ショイグ露国防相
会談はトルコのエルドアン大統領の官邸であるドルマハフチェ宮殿で行われている。エルドアン大統領は交渉開始の前に代表団のメンバーを歓迎し、次の交渉は各国の首脳レベルで行われることを祈念するとともに、トルコはプーチン大統領とウォロディミル・ゼレンスキー宇大統領を受け入れ、会談を組織する用意があることを強調した。
イスタンブールにはロシア人実業家のロマン・アブラモヴィッチ氏も到着した。アブラモヴィッチ氏は交渉にはすでに初期段階で参加していた
交渉は2月28日から3月7日まではベラルーシで対面方式で数回行われ、その後、ビデオ方式に移行した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала