ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国はウクライナ生物学研究所の話題から注意をそらそうとしている=ペスコフ大統領報道官

© Sputnik / Sergey Guneev / メディアバンクへ移行ペスコフ露報道官
ペスコフ露報道官 - Sputnik 日本, 1920, 03.04.2022
ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、米国はウクライナの生物学研究所の話題から離れ、注意をそらし、ごまかそうとしているとの見解を示した。
ペスコフ報道官は、ベラルーシのテレビ局「ベラルーシ1」に対するインタビューで次のように語った。
米国人は今、注意をそらし、ごまかすなど、会話をいい加減な面にそらそうとしている。しかし、事実は自ずからはっきりしている。そして、これらの事実は我々の懸念事項であるだけでなく、きっとベラルーシでも、中国でも、インドでも、他の多くの国々にとっても懸念事項である。
また、ペスコフ報道官は、他国に存在する米国の生物化学研究所に関して、引き続き情報処理を行っていると述べた。
露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 01.04.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
バイデン大統領の息子は、ウクライナにおける病原体を扱った活動の資金調達で重要な役割を果たした=露国防省
ロシア国防省は先に行ったプレゼンテーションで、米国が2億ドル(247億円超)以上をかけたウクライナの生物学研究所では、米軍の生物学プログラムに関与し、ペストや炭疽菌などの細菌が扱われていたことを明らかにした。ロシア国防省のイーゴリ・キリロフ中将(放射能・化学・生物防衛部隊長官)は、キリロフ中将は、ロシアの特殊軍事作戦の開始後、米軍の生物兵器開発プログラム継続に向けた資料は全て、すでにウクライナから移送されていると話した。
また、ロシア外務省のマリア・ザハロワ公式報道官は、ウクライナにおける米軍の生物兵器開発活動の事実を受け、ロシアは生物兵器禁止条約(BTWC)に基づく協議メカニズムの立ち上げの可能性を否定していないと述べた。
関連ニュース
ウクライナでの米国の生物学プログラムは独ナチの第三帝国を継承 露安全保障会議
バイデン氏の息子がウクライナの生物研究所に協力、英デイリー・メールが証拠を発表
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала