新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

脳を健康に保つための10の習慣

© Depositphotos.com / Imtmphoto老人
老人 - Sputnik 日本, 1920, 04.04.2022
脳の健康を維持するためには何をすればいいのだろうか?答えはシンプルで、脳によい毎日の習慣を身につけることである。フィンランドの新聞Ilta-Sanomatが、フィンランドの神経生物学医が挙げた脳を健康に保つための10の習慣を紹介している。

質のよい睡眠は脳を浄化する

質のよい睡眠は、成長する子どもや若者の脳にとってとりわけ重要なものであるが、大人の脳の健康にとってももちろん重要なものである。
睡眠中に、人の脳脊髄液の循環が活発化し、細胞の老廃物が排出される。つまり脳が自ら浄化するのである。また睡眠中にはその日、獲得された情報が脳内で処理される。
睡眠不足が続くと、脳のはたらきが遅くなり、たとえば、記憶力や集中力が低下する。
規則正しい生活リズムを維持し、ベッドの中でスマホを使わないようにすることで、良い睡眠をとることができる。

さまざまな運動は神経経路を強化する

多くの研究によって、よく運動をする人は、運動しない人に比べて、脳組織が多いことが分かっている。運動は、記憶力、学習能力など脳の活動にも肯定的な影響を及ぼす。できるだけ積極的に体を動かした方がよい。

栄養豊富な食事は脳にエネルギーを与える

規則正しく食事をし、砂糖や脂肪の摂りすぎに気をつけることは重要である。栄養豊富な食事は血圧やコレステロールの値を正常に保つのを助けてくれる。コレステロール値が高くなると脳の血管の損傷や脳への血液供給に異常を引き起こす。
研究によれば、腸内細菌は神経伝達物質のはたらきと関係あることが分かっている。つまり、食事は人間の精神状態に影響を与える。腸内細菌の状態をよくするには、全粒穀物やベリー類など、食物繊維が豊富な食品を摂取するようにするとよい。
食べ物 - Sputnik 日本, 1920, 09.02.2022
IT・科学
ノルウェー研究チーム 寿命を13年伸ばすための食品

アルコールやタバコを控える

お酒は少量を摂取した場合でも、脳の容量を減少させる。アルコールを定期的に脳の神経回路や血管に損傷を与える。ニコチンも同様である。

脳には「挑戦」が必要である

脳には、知的にも肉体的にも「挑戦」、つまり負荷をかけることが不可欠である。脳は、体を鍛えたり、体力を維持するためにトレーニングを必要とする筋肉と同じようなものである。
たとえば、森を散歩したり、ランニングをしたりすると、筋肉にも、肉体的な負荷が与えられる。あるいは新しい物事を習得することは、脳に知的な負荷を与えることになる。
たとえば、読書は脳にとって最高の運動である。
ゴルフ - Sputnik 日本, 1920, 03.04.2022
IT・科学
日本の研究者 認知症の発症リスクを抑えるスポーツを紹介

デジタル機器から脳を休ませる

最近は、トイレに入るときや行列に並んでいるときなど、ちょっとしたスキマ時間にもスマホをしている人が多いが、こうした機器を使い続けることによって、脳は常に情報の取得とその処理に追われることになり、脳を疲れさせる原因となる。最低でも1日に1時間は、スマホを使わないようにすることが重要である。

親しい人とよい時間を過ごす

人との交流は記憶力低下のリスクを抑え、ストレスを軽減する。

「考えすぎ」から抜け出す

ストレスや不安から解放されるための良い方法を見つけることが重要である。頭の中の考えを紙に書き出す、瞑想する、自然の中を歩くなど、自分に合った方法を見つけるとよい。

マルチタスクを避ける

知られているように、人間の脳は一度に多くの課題をこなすことができない。マルチタスクは、脳内で神経回路を活発化させ、多くの力を失わせる。1日に、1つの問題をテーマにした1つの課題に取り組むようにしたほうがよい。

リラックスするための方法を考える

リラックスし、リセットするための方法を考え、1日に何度か、そのための休息を取るようにするとよい。疲労を感じたら、自然の中を散策したり、ダンスをして体を動かしたり、何か手を動かすことや友人と過ごすなどするとよい。
関連ニュース
大都市で育った人は空間認識力が低い=研究結果
精神障害の治療にコーヒーを使用
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала