英国のジョンソン首相、プーチン大統領をワニと比較

© AP Photo / Ukrainian Presidential Press Office英国のボリス・ジョンソン首相
英国のボリス・ジョンソン首相 - Sputnik 日本, 1920, 21.04.2022
英国のボリス・ジョンソン首相は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領のスタンスから、ロシアとウクライナの和平交渉は失敗する可能性が高いと述べた。ロイター通信が報じた。
ジョンソン首相は、プーチン大統領に対処するということは、「足につかまっているワニ」と話をするようなものだと考えている。英国の首相によれば、そのため、西側諸国はウクライナに軍事援助を提供し続けることが極めて重要だという。
同首相は、「彼には明らかに誠実さが欠けているということを考えた場合、今どうやったらウクライナがプーチン大統領と交渉できるか理解することは非常に難しい。明らかに彼の戦略は、ウクライナの多くの領土をできるだけ吸収・占領しようとするものであり、軍事的立場から何らかの交渉を行おうとする可能性がある」と指摘した。
ジョンソン氏 - Sputnik 日本, 1920, 25.03.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
「私の名前はボリスだ」 英ジョンソン首相 ロシア恐怖症との非難に反論
西側諸国の指導者たちは、しばしばウラジーミル・プーチン大統領をさまざまに形容している。今年3月、米国のジョー・バイデン大統領は、プーチン大統領を「残忍な人間」と呼んだ。1年前にも米国の指導者はプーチン大統領を「ひと殺し」と呼んでいる。
通信社スプートニクは以前、フランスのエマニュエル・マクロン大統領が、英国のボリス・ジョンソン首相をピエロと呼んだと報じている。マクロン大統領は、ジョンソン首相と仕事をすることをサーカスに例えている。
関連記事
ジョンソン首相、辞任を否定 ウクライナで続く紛争を理由に
米国の物価上昇の原因はウクライナでのロシアの特殊作戦=バイデン氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала