北海道知床沖の観光船事故 意識不明の子ども1人の死亡を確認

© Sputnik / Alexander Lyskin / メディアバンクへ移行北海道沖
北海道沖 - Sputnik 日本, 1920, 25.04.2022
日本の北海道知床半島の沖合で23日午後、乗客・乗員26人が乗船した観光船が遭難した事故で、24日深夜に意識不明の状態で発見された子ども1人の死亡が確認された。NHKが報じている。
先に、日本の海上保安本部は、知床岬の東側の海域で、24日深夜に巡視船が新たに子ども1人を発見し、救助したと明らかにしていた。
事故から3日目となる25日正午までに、観光船に乗っていた乗客・乗員26人のうち、救助された11人全員の死亡が確認されたことになる。
北海道 - Sputnik 日本, 1920, 24.04.2022
日本 知床半島沖の観光船事故で10人の死亡を確認
NHKによると、知床半島沿岸の海域は場所によっては水深100メートル以上に達するうえ、潮の流れが速く、半島の先端から東へ14キロ余りの沖合で救助された人もいたという。
海上保安本部などは、時間の経過によってほかにも沖合に流された人がいるとみて、さらに範囲を広げて捜索を続ける見通し。
23日午前、観光船「KAZU 1(カズ・ワン)」は乗客・乗員26人を乗せ、北海道斜里町ウトロを出港。同日午後1時15分頃、知床半島の沖合で、同船から「浸水している」と海上保安庁に救助要請があった。海上保安庁によると、観光船には、子ども2人を含む乗客24人と乗組員2人が乗っていた。
関連ニュース
日本、航空自衛隊が災害派遣 北海道知床の観光船捜索で
リビア沿岸で移民船が転覆、6人死亡、29人行方不明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала