米国の駐ロシア大使がロシア外相を「核ブラックメール」で批判

© Sputnik / Valeriy Melnikov / メディアバンクへ移行米国の駐ロシア大使がロシア外相を「核ブラックメール」で批判
米国の駐ロシア大使がロシア外相を「核ブラックメール」で批判 - Sputnik 日本, 1920, 29.04.2022
ジョン・サリバン駐ロシア大使は、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相の核戦争の脅威についての発言を「核のブラックメール」だと批判した。
サリバン駐ロシア大使はCNNのインタビューで「我々はロシアのレトリックを聞いた。我々はソビエト連邦の時代と同じ方法で、米国に対する核攻撃を阻止する用意がある。核のブラックメールには屈しない 」と表明した。
これより前、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相はAl Jazeeraのインタビューで、第三次世界大戦が勃発した場合、それは核であり、非常に破壊的であると述べていた。
ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 19.04.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアはウクライナでの核兵器の使用を検討していない=ラブロフ外相
先に米国のロイド・オースティン国防長官は、ウクライナ危機による核戦争は起こり得ないと表明していた。また、オースティン国防長官は、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相の核戦争の可能性に関する発言を危険視した。同長官は、こうしたレトリックではウクライナの紛争解決にはつながらないと述べていた。
関連ニュース
ウクライナでの戦闘行為が今後数日、数週間で終わるとは予想していない=米国防総省
西側はウクライナが戦い続け、ロシア軍が疲弊することを望んでいる=露ラブロフ外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала