Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

変異株ステルスオミクロンがパンデミックの全歴史の中で最も伝染性ある=露専門家

© Depositphotos.com / Emvat Mosakovskis新たな変異株ステルスオミクロンがパンデミックの全歴史の中で最も伝染性ある=露専門家
新たな変異株ステルスオミクロンがパンデミックの全歴史の中で最も伝染性ある=露専門家 - Sputnik 日本, 1920, 01.05.2022
新型コロナウイルスのオミクロン株「BA.2」であるステルスオミクロンは、今まで検出された新型コロナウイルスの変異株の中で最も伝染性の高い亜種である。ロシア連邦消費者権利保護・人間福利監督庁の中央疫学研究所のロシア人専門家カミル・ハフィゾフ氏が明らかにした。
同氏によると、この変異株による感染率は、確認されたコロナウイルスのすべての症例の90%以上である。
J&J製ワクチン - Sputnik 日本, 1920, 27.04.2022
新型コロナウイルス
ワクチン2回ではウイルス量減らず、オミクロン株=東大
ハフィゾフ氏は「BA.2による感染率は増加し、すべての変異株の感染症例の90%以上に達した。 これはステルスオミクロンがパンデミックの全歴史の中で検出されたすべての変異株の中で最も伝染性であるというデータと一致している」と述べた。
ステルスオミクロン(BA.2)とも呼ばれる新型コロナウイルスは3月にイスラエルで海外から帰国した乗客2名から検出された。
関連ニュース
仙台市でオミクロン株の新たな組換え体確認 日本国内初
イスラエル 帰国者の中から新たなオミクロン系統株「BA.4」の感染者3人を確認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала