ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国のロシア軍殺害関与とウクライナへの諜報提供、見過ごせない=ロゴジンCEO

© Sputnik / Сергей Гунеев / メディアバンクへ移行「ロスコスモス」のロゴジンCEO
「ロスコスモス」のロゴジンCEO - Sputnik 日本, 1920, 08.05.2022
ロシア国営宇宙開発企業「ロスコスモス」のドミトリー・ロゴジンCEOは、米国の諜報機関がウクライナと情報共有しているということが報道機関にリークされたことについて、米中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ長官が「無責任で危険」と述べたことにコメントした。「米国によるロシア軍人殺害への直接的関与」やウクライナへの諜報伝達の隠蔽は成功するわけがないと述べた。
ロゴジンCEOは、自身のテレグラムにこのように綴った。
もう遅すぎますよ、バーンズさん。我々はあなたのことをよく知っている、(在露米国大使館内の)スパソハウスで会いました。覚えていますか?スターリンクを含む米国や欧州連合(EU)の軌道コンステレーションによって実施された衛星通信や監視を含め、米国によるロシア軍人殺害への直接的関与や、ウクライナへの諜報伝達の隠蔽は成功するわけがない。
米国防総省のカービー報道官 - Sputnik 日本, 1920, 06.05.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
米国、ウクライナへのロシア軍司令官所在地に関する情報提供を否定=米国防総省
ニューヨークタイムズ紙が報じたところによると、米政府は、特殊作戦の第二段階の発表後のロシア軍の動きの詳細を含む戦地での出来事について、「リアルタイムで」情報を密かにウクライナに送信している。記事によると、ウクライナ政府高官らは「ロシア人将校らが殲滅するような砲撃やその他の攻撃を実行するために」これらの情報を自身の諜報と組み合わせた。
これについて、CIAのバーンズ長官は「無責任で危険」だと考えていると表明した
ロゴジンCEOは「我々は執念深くはないが、邪悪で記憶力も良い」と締めくくった。
関連ニュース
「ロスコスモス」に対する制裁でより苦しむのは欧州=ロゴジン社長
ロシア宇宙企業ロスコスモス、欧米諸国との共同プロジェクト打切り=ロゴジンCEO
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала