ドルの黄昏? 国際金融システムが徐々に再構築を開始 露上院議員

ドル - Sputnik 日本, 1920, 08.05.2022
ロシア上院のアレクセイ・プシュコフ議員は、国際金融システムが徐々に再構築を開始し、それをロシア、中国、インド、サウジアラビア、トルコが主導していると語った。
プシュコフ露上院議員は、国際通貨基金(IMF)内でさえ、昨今の情勢が世界の主要通貨としてのドルの地位を揺るがしたことを認めていると指摘した。
先日、IMFのギータ・ゴピナート第一副専務理事はフィナンシャル・タイムズの取材のなかで、対露制裁によってドルの世界的影響力が低下したことを認めている。
ロシア、食品や穀物を「友好国」にのみ供給へ ルーブルや国家通貨建てで=メドベージェフ氏 - Sputnik 日本, 1920, 01.04.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシア、食品や穀物を「友好国」にのみ供給へ ルーブルや国家通貨建てで=メドベージェフ氏
欧米諸国は、ロシアがウクライナの非武装化・非ナチ化のための特殊軍事作戦を開始以来、対露制裁を発動。制裁は主に銀行部門とハイテク製品の供給に影響を与えた。
制裁で欧米ではすでに燃料や食料が深刻に値上がりし、経済問題が引き起こされている。
ロイター通信を始め、マスコミ各社は、ルーブルの対ドル為替レートは年初比で15.7ポイント上昇し、一時世界で最も上げ幅が大きい通貨になったと報じている
ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 27.04.2022
ロシア、ルーブルで支払わなければ天然ガスの供給を停止へ
ドルの影響力が低下する中、日本ではインフレの傾向が表れ始めている。4月28日の円相場は、約20年ぶりの円安水準となる1ドル=130円台まで値下がりした。
関連ニュース
仏が想定する壊滅的シナリオ ロシアがガス供給停止の状況
ロシアの対日制裁はロシアに損害を与えようとしている「日本の手をぴしゃりと叩く」予防的措置=露下院議員
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала