新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

米国の研究者ら 月の土壌で植物を育てることに成功

© Sputnik / Ilya Naimushin / メディアバンクへ移行Луна над тайгой в Таштыпском районе Хакасии
Луна над тайгой в Таштыпском районе Хакасии - Sputnik 日本, 1920, 14.05.2022
米国の研究者らが、アポロ計画の一環として地球に届けられた月の土で植物を育てることに成功した。これは、地球とは別の天体で植物が育成した最初の事例だという。この研究をまとめた論文が、学術誌「コミュニケーションズ・バイオロジー」に掲載されている。
米フロリダ大学の研究者らは今回、アブラナ科の小さな植物であるシロイヌナズナを使って実験を行った。
シロイヌナズナは、植物の遺伝学や発生生物学の研究におけるモデル生物として広く利用されている。この植物は植物遺伝学において、マウスやショウジョウバエが動物遺伝学で担う役割を果たしてきたと考えられている。
世界で初めて撮影された天の川銀河のブラックホールの写真 - Sputnik 日本, 1920, 13.05.2022
世界初、天の川銀河のブラックホールを撮影=日本含む国際研究チーム
研究者らは、4件のミッションで宇宙飛行士が月で採取した土壌サンプル(レゴリス)約12グラムを使用した。指ぬきサイズの小さな容器に月の土壌、種、水と栄養分をいれたところ、ほぼすべての種が芽を出したという。
この論文によると、月の土壌で「園芸」を行うことは難しいという。この土壌では植物の成長が遅く、多くの場合、形態的に著しいストレスが見られるからだ。研究者らは、月の土壌は、月の環境では植物の生育を助けるものとなるが、良質のベースではないと結論付けている。
関連ニュース
火星で砂なだれはなぜできる? 研究者がその理由を説明
2万年分の電力を供給できるほどの太陽フレア NASAがその出現に関する理論を発表
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала