ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

バイデン氏「ウクライナに露攻撃可能なミサイル供給せず」

© Sputnik / Stringer / フォトバンクに移行米国のジョー・バイデン大統領
米国のジョー・バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 31.05.2022
米国のジョー・バイデン大統領は米国はウクライナにロシアの領土を攻撃できるミサイルを提供しないと発言した。ロイター通信が伝えた。
ロイター通信によると、バイデン大統領は計画中のウクライナへの多連装ロケット砲の供給について述べた中で、露領内を攻撃できるミサイルを提供しない意向を示した。この追加の兵器供給は今週中にも正式発表される見込み。
クラスター弾 - Sputnik 日本, 1920, 18.05.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナ 国際法で禁止の兵器が人を殺し続けている
2月24日の露軍のドンバスにおける特殊軍事作戦の開始以降、米国やNATO加盟諸国はウクライナへの兵器供給を続けている。露政府は西側諸国の軍事支援は紛争を長期化するだけだとしており、兵器の運搬手段も攻撃対象になるとしている。
バイデン氏は5月21日、ウクライナへの軍事、経済、人道支援に関する法律に署名。この法案には、さまざまなウクライナ情勢に関する支出が含まれている。米上院はバイデン大統領が求めていた330億ドル(約4兆2000億円相当)の支援額を400億ドル(約5兆1000億円相当)にまで増額していた。
関連ニュース
米国はロシアの特殊作戦が始まるずっと前からウクライナに兵器を供与していた=米国防総省
武器供与と対露制裁はウクライナに平和をもたらさない 中国国連次席常駐代表
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала