スウェーデンとフィンランドのNATO加盟は問題ではない、「入りたければどうぞ」=プーチン大統領

© POOL / フォトバンクに移行スウェーデンとフィンランドのNATO加盟は問題ではない、「入りたければどうぞ」=プーチン大統領
スウェーデンとフィンランドのNATO加盟は問題ではない、「入りたければどうぞ」=プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 30.06.2022
ウクライナとは違い、スウェーデンとフィンランドがNATO(北大西洋条約機構)に加盟することはロシアにとって如何なる問題も生み出さない。ロシアは両国のNATO加盟に反対しないものの、仮にNATOの軍事兵器が設置されれば、同様の措置を講じるに過ぎない。トルクメニスタンで開かれたカスピ海沿岸諸国サミット後に開かれた記者会見でロシアのウラジーミル・プーチン大統領が発言した。
記者会見でプーチン大統領はスウェーデンとフィンランドのNATO加盟について問われた中で、次のように発言した。
スウェーデンとフィンランドとの間には、ウクライナとの間で我々が残念ながら抱えるような問題は無い……スウェーデンまたはフィンランドがNATOに加わることで我々が不安に思うことは何もない。入りたければどうぞ。
ただし、NATOの軍事兵器が設置されれば、同様の措置を講じるとだけ付け足した。
G7サミット - Sputnik 日本, 1920, 29.06.2022
日本はNATOとの協力により、よりよい状況になるのか?
また、ロシア側の目的はNATOを国境から遠ざけることではないと指摘した。スウェーデンとフィンランドではロシア文化を自らの文化と認識する人が差別される状況にはないとし、NATO加盟を容認する姿勢を示した。その上で、ロシアが進める特殊軍事作戦の目的はドンバス地域(ウクライナ東部)の防衛であり、ロシアの安全を保障するような条件づくりであると説明した。
また、プーチン大統領はこのサミットでイランのエブラヒム・ライシ大統領と会談し、経済、安全保障、シリア情勢で協力する方針を確認した。
関連ニュース
中国国連大使がNATOの新たな戦略概念に懸念を表明、「NATOこそが脅威を生んでいる」
NATOは東方面強化でウクライナ危機に備えてきた=NATO事務総長
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала