バイデン氏、銃暴力との闘い「あきらめない」 米シカゴ郊外での銃撃事件を受け

© AFP 2022 / Nicholas Kammバイデン米大統領
バイデン米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 05.07.2022
ジョー・バイデン米大統領は、4日に米シカゴ郊外で発生した銃撃事件を受け、30年ぶりに銃規制強化の法律が「大きく変わった」一方で、「銃暴力の拡大」に取り組むためにやるべきことは依然として多くあるとし、あきらめないと誓った。
バイデン氏は、シカゴ郊外で発生した銃撃事件を受け声明を表し、次のように述べている。
「私は最近、約30年ぶりとなる超党派の重要な銃規制改革法案に署名した。これには人命を救うための措置が含まれている。しかし、やるべきことは依然として多くあり、私は銃暴力の拡大との闘いをあきらめるつもりはない」
米イリノイ州・独立記念日の祝賀行事で発砲 - Sputnik 日本, 1920, 05.07.2022
米イリノイ州・独立記念日の祝賀行事で発砲 30人死傷
シカゴ郊外のハイランドパークで4日午前10時(日本時間5日午前0時)ごろ、独立記念日を祝うパレードの最中に銃撃事件が発生。これまでに少なくとも6人が死亡し、少なくとも24人が負傷した。警察は18〜20歳の白人の男の行方を追っている。目撃者によると、男は単独で犯行し、数十発発砲した。
サイト「ガン・ヴァイオレンス・アーカイヴ(Gun Violence Archive)」によると、米国ではこの連休中、今回の事件を含め11件の銃撃事件が発生した。
米国旗、ピストル - Sputnik 日本, 1920, 06.06.2022
銃規制で米国市民の意見分かれる=世論調査
5月、テキサス州ユバルディやニューヨーク州バッファローで銃乱射事件が相次いだ。これを受け、バイデン氏は6月下旬、米議会で策定・承認された銃規制をより強化する法案に署名した。この規定は、過去30年間で最も急激な変化とされている。バイデン氏は、同法の成立を記念し、11日にホワイトハウスで大規模なイベントを開催するとしている。
新たな法律は18歳~21歳の銃購入希望者の審査を厳格化するほか、裁判所が社会にとって危険だと判断した人物によるピストルやライフルの所持を禁止する基準を定めるよう各州に奨励するもの。また、学校の安全や青少年のこころの健康を守るプロジェクトに財源を投入する内容も含まれている。
関連ニュース
銃で遊んでいた8歳の少年が1歳の子どもに発砲 米国
米テキサス州銃乱射事件が起きた小学校、取り壊しへ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала