フィンランドとスウェーデンの外相、NATOへの加盟議定書にサイン

© Johanna GeronNATO スウェーデン フィンランド
NATO スウェーデン フィンランド - Sputnik 日本, 1920, 05.07.2022
フィンランドとスウェーデンのペッカ・ハービスト外相とアン・リンデ外相、および北大西洋条約機構(NATO)加盟30カ国の大使が、NATO本部で行われた公式式典で北欧2カ国の加盟に関する議定書に署名を行った。加盟議定書調印前の同盟本部での会議の模様が、NATOのホームページで公開された。
フィンランドとスウェーデンの外相は、NATO諸国に感謝を述べるとともに、議定書の早期批准への期待を表明、さらに同盟の発展に寄与することを約束した。
NATOのストルテンベルグ事務総長は、「NATOの門戸は、共通の安全保障に貢献する用意がある欧州諸国に開かれている」と述べた。
NATO事務総長によれば、スウェーデンとフィンランドは7月5日以降、招待国とみなされ、同機構の活動に参加が可能となる。
「今日はフィンランドとスウェーデン、NATOにとって素晴らしい日となった。私たちは32の加盟国とともにより強力になり、私たちの国民はさらに安全を感じることになる」
G7サミット - Sputnik 日本, 1920, 29.06.2022
日本はNATOとの協力により、よりよい状況になるのか?
メディアの報道によると、このプロセスには数カ月かかる場合があるという。
7月4日、フィンランドとスウェーデンがNATOへの加盟交渉を開始し、第1ラウンドが終了した。通常、交渉プロセスには数年が要することから、これは、同盟の歴史上、かつてない記録といえる。
関連ニュース
中国対抗の「グローバルNATO」東方面はもつのか?
NATOはフィンランドに軍事基地配備の同意を求めない=ラブロフ外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала