新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

新種の巨大恐竜の学名 「ゲーム・オブ・スローンズ」にちなんで命名

© 写真 : Jorge A. Gonzalezメラクセス・ギガス
メラクセス・ギガス - Sputnik 日本, 1920, 09.07.2022
アルゼンチンで体重が4トンを超える、新種の恐竜の化石が発見された。この恐竜の学名は、人気テレビドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作小説に登場するドラゴンにちなんで「メラクセス・ギガス」に決定した。この発見をまとめた論文が、科学誌「カレント・バイオロジー」に掲載されている。
アルゼンチン、米国、カナダの古生物学者からなる研究チームが、アルゼンチンの白亜紀の地層「フインクル層」から大型の肉食恐竜の1つ、カルカロドントサウルス科に属する新種の恐竜の化石を発見した。研究者らはこの恐竜の体重が4トン超、体長は約11メートルであったと推測しており、白亜紀末期に体長が13メートルに達するティラノサウルスが出現するまで、最も大きな肉食恐竜であった可能性が高いという。
「メラクセス・ギガス」には120センチを超える大きな頭、短い前脚、鋭い爪のある丈夫な脚を持っていた。研究者らは、頭だけでなく、脚も狩りの武器として使われていた可能性があると指摘している。また、この恐竜は39〜53歳で死んだとみられている。
イグアノドン類(3Dイメージ) - Sputnik 日本, 1920, 03.07.2022
IT・科学
日本 徳島県で1億3000万年前のイグアノドン類の化石発見
関連ニュース
化石の卵の中から卵 竜脚類では初の発見
ヴァイキング時代の剣を歴史愛好家が発見=ノルウェー
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала