ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国と同盟国、ウクライナへの支援を長期間維持することができない可能性も=ニューヨークタイムズ

© Sputnik / Stringer / フォトバンクに移行米国とウクライナの兵士(アーカイブ写真)
米国とウクライナの兵士(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 10.07.2022
ニューヨークタイムズは、米国とその同盟国がウクライナに対する現在のレベルの支援を長期間維持できる可能性は低いと報じた。
同紙は「バイデン米大統領はウクライナを『必要な限り』支援することを約束したが、彼も他の人も、支援がどれだけ続くか、あるいは直接の軍事介入を除いて何をできるかを言うことはできない」と書いている。ニューヨークタイムズによれば、当局は、米国と欧州の武器備蓄がいつかなくなることを認めている。米国は540億ドルの軍事援助やその他の援助を承認しているが、それらがなくなったときにさらに540億ドルの支援を期待する人は誰もいないという。
同紙によると、当局とアナリストは、「大西洋の両側」での紛争による「倦怠感の増大」の中で、「同じレベルの物質的支援を維持する」ことは難しいだろうと語っている。同紙は、米議会が承認した軍事援助は来年の第2四半期まで続くと予想されている。一方、問題なのは、米軍の準備を損なうことなく、現在の武器と弾薬の供与をどれだけ継続できるかという点である。
ロシアはまだウクライナで本気を出していない=プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 08.07.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアはまだウクライナで本気を出していない=プーチン大統領
先に、在米ロシア大使館は米国が高機動ロケット砲システム「ハイマース(HIMARS)」4基をウクライナに追加支援することについて声明を表し、これは米政府が紛争をなんとかして長引かせようとする抑え難い願望の現れだとの見解を明らかにした。
これより前、ロシアのリャブコフ外務次官は、外国によるウクライナへの武器供与について、外国の武器を積んだ車列はロシア軍の合法的な標的になることを米国に警告したことを明かにした。
関連ニュース
ウクライナ、欧米供与の武器転売を立件
ウクライナ復興会議、100兆円の予算申請に対する支持はない=駐英ロシア大使
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала