- Sputnik 日本, 1920, 08.07.2022
安倍晋三元首相襲撃事件
7月8日午前11時半ごろ、奈良県奈良市の近鉄大和西大寺駅近くで演説を行っていた安倍晋三元首相(67)が男に銃で撃たれ、血を流して倒れた。

警察庁長官「責任果たせず、慙愧に堪えない」 安倍氏銃撃で「検証チーム」設置

© AP Photo / Wang Zhao銃撃事件で逝去した安倍元首相
銃撃事件で逝去した安倍元首相 - Sputnik 日本, 1920, 12.07.2022
日本の安倍晋三元首相が奈良市で選挙演説中に銃撃され逝去した事件を受け、日本の警察トップ・中村格(いたる)警察庁長官が12日、会見を開いた。中村長官は「結果を重く受け止めている」と述べ、警護・警備に関する検証チームを設置したと明らかにした。日本の各メディアが伝えている。個別の事案の警察の対応をめぐり、警察庁長官が会見を開き責任を認めるのは異例だという。
日本テレビなどによると、中村長官は会見で次のように述べている。

「警察として要人警護、警備の責任を果たせなかったものとして、極めて重く受け止めております。慙愧に堪えません」

増上寺周辺で安倍元首相の出棺を見送る弔問客(東京都・港区、12日) - Sputnik 日本, 1920, 12.07.2022
安倍晋三元首相襲撃事件
安倍元首相の葬儀 最後の別れに大勢の市民
中村長官は「結果を踏まえれば現場の対応のみならず、警察庁の関与のあり方にも問題があった」「警察庁長官としての責任は誠に重い」と述べた。また、「今果たすべき責任は検証と見直しの作業に全身全霊を向けること」とし、警護・警備に関する「検証・見直しチーム」を設置したと発表した。
事件の翌日の9日、奈良県警の鬼塚友章本部長は記者会見を開き、「警備に問題があったことは否定できない」「痛恨の極み」などと述べていた。また、12日には松野官房長官も警察庁から事件当時の安倍元首相の警備に「問題があった」と報告を受けていたと明らかにしていた。
関連ニュース
日本 手製銃の規制強化「捜査状況等をみながら検討」=松野官房長官
山上容疑者「埼玉県も襲撃の候補」 参院選で襲撃の機会を伺う
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала