米国、イランの核兵器保有の断固阻止を目指す

© AP Photo / Ariel Schalit米国、イランの核兵器保有の断固阻止を目指す
米国、イランの核兵器保有の断固阻止を目指す - Sputnik 日本, 1920, 14.07.2022
英国、ドイツ、中国、ロシア、米国、フランス、イランは2015年、イランが核開発を制限することと引き換えに対イラン制裁を解除するという核合意JCPOAを締結した。一方、トランプ米大統領(当時)は2018年5月、JCPOAから離脱し、対イラン制裁を復活させた。これを受けてイランは、段階的に核合意の履行を停止すると発表、遠心分離機の数やウラン濃縮度などについての制限を順守しないとした。
米国のバイデン大統領は、イランの核問題に関する包括的共同作業計画(JCPOA)への復帰に関する提案について、米国側はイランの返答を待っているが、永遠に待ち続けることはないとの考えを示した。
イスラエルを訪問中のバイデン氏は、イスラエルのラピド首相との共同記者委会見で「われわれが言おうとしているのは、まさにわれわれが話していることだ。彼ら(イラン)には、提案された合意を受け入れるチャンスがある。彼らがそれをしない場合、われわれは許さないと完全に明確に示した。繰り返すが、イランが核兵器を手に入れることをわれわれは認めない」と述べた。
イラン - Sputnik 日本, 1920, 01.07.2022
米国、イランにJCPOAの範囲を超えた追加要求の放棄を求める
またバイデン大統領はラピド首相との共同記者会見で、米国とイスラエルは、イスラエルと米軍の安全を確保するために、新たなレーザー兵器開発で協力すると発表した。
また双方は、戦略的パートナーシップに関する共同宣言に署名した。両国は、「米国とイスラエルの戦略的パートナーシップは、共通の価値観、共通の利益、真の友情に基づいている」ことを確認した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала