ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナへの防空ミサイル供与は経済支援より安くつく=ゼレンスキー大統領

© AP Photo / Ukrainian Presidential Press Office ウクライナのゼレンスキー大統領
ウクライナのゼレンスキー大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.07.2022
ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、欧米諸国に対し、ウクライナへの防空ミサイル・システムの供与を呼びかけ、それは欧米諸国にとって、ウクライナへの経済支援よりも安くつくものだと述べた。ウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じた。
記事によれば、ゼレンスキー氏は、欧米による高機動ロケット砲システムの供給は非常に意味があるものの、ウクライナが「現状を打破する」のに十分なものではないと述べ、より必要なのは防空ミサイル・システムであると付け加えた。
また大統領は、「防空ミサイルの提供は、ウクライナ経済が沈まないよう維持するよりもはるかに安くつくと指摘し、ウクライナの財政赤字は毎月50億ドルとなっている」とも指摘した。
ホワイトハウス - Sputnik 日本, 1920, 23.07.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
米国 攻撃可能な神風ドローン580機をウクライナに支援へ ホワイトハウス
7月に米国はウクライナに対し、およそ8億2000万ドル(1100億円)相当の新たな軍事支援の提供を行うと発表した。この支援には、ノルウェーと米国が共同で開発した中高度防空ミサイル・システム「NASAMS」2基が含まれている。一方、ドイツは、ウクライナにIRIS−T防空システムを供与することを計画している。
ロシアは以前、ウクライナへの兵器供給をめぐり、米国を含むすべての国に外交文書を送付した。ロシア外務省のラブロフ外相は、ウクライナに対する支援物資はいずれもロシア側にとって正当な攻撃目標になると牽制した。ロシア大統領府のペスコフ報道官も同じくコメントを発表し、ウクライナに西側から兵器を供与することは停戦交渉の助けとはならず、否定的な効果をもたらすに過ぎないと評価していた。
関連ニュース
ウクライナ 「ロシア反撃は可能」と西側説得に血眼 NYタイムズ紙
ウクライナへのハイマース供与の真の目的=専門家の見解
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала