日本 福島県双葉町の帰宅困難区域、8月30日に避難指示解除

© AP Photo / Jae C. Hong福島県双葉町(2019年12月)
福島県双葉町(2019年12月) - Sputnik 日本, 1920, 26.07.2022
日本政府は、東京電力福島第一原発事故による帰還困難区域のうち、福島県双葉町の一部区域について、8月30日に避難指示を解除することを正式に決定した。NHKなどが報じた。
NHKの報道によると、日本政府は26日午前、原子力災害対策本部の持ち回り会合を行い、福島県双葉町の帰還困難区域の一部である「特定復興再生拠点区域(復興拠点)」について、8月30日に避難指示を解除することを正式に決定した。
福島第一原発が立地する双葉町は、原発事故後、町の全域に避難指示が出された。現在も全住民の避難が続いているが、11年5カ月ぶりに居住できるようになる。
高浜原発3号機が運転再開、油漏れへの対応で1日遅れ=関電 - Sputnik 日本, 1920, 24.07.2022
高浜原発3号機が1日遅れ運転再開、油漏れに対応=関電
解除されるのは、JR双葉駅周辺の555ヘクタール。産経新聞の情報によると、国費で除染とインフラ整備が進められ、放射線量が低下したため住民の準備宿泊が行われてきた。双葉町は2030年ごろの居住者を、原発事故前の3割弱となる2000人とする目標を掲げる。
萩生田光一経済産業相は、記者会見で「双葉町で初めて住民の帰還・居住を実現するものであり、復興に向けた大きな第一歩と認識している」と述べた。
帰還困難区域で住民が帰還できるようになるのは、6月に避難指示が解除された福島県葛尾村大熊町に続いて3例目。
関連ニュース
松野官房長官、福島第1原発視察 処理水放出へ現状確認
東京地裁 東電福島第1原発事故で旧経営陣に13兆円の賠償命令
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала