新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

NASAの火星探査機 衛星「フォボス」の日食を撮影

© 写真 : NASA NASAの火星探査機 衛星「フォボス」の日食を撮影
NASAの火星探査機 衛星「フォボス」の日食を撮影 - Sputnik 日本, 1920, 26.07.2022
米航空宇宙局(NASA)の火星探査車「パーサヴィアランス」が、衛星「フォボス」が太陽を横切る日食の様子を撮影した。NASAがウェブサイトで発表した。
衛星「フォボス」は火星の第一衛星で、火星に最も近い軌道を回っており、その距離は火星の表面から6000キロメートル以内であることがわかっている。
この日食は4月2日に発生し、わずか40秒ほどで終わった。これは、地球と月と太陽による日食よりにかかる時間よりもはるかに短い。日食の様子は、探査車に搭載された特殊なカメラ「Mastcam-Z」で撮影された。研究者らによると、このカメラのおかげでフォボスの地形や隆起や、太陽の黒点など細かい部分まで見ることができたという。
天の川 - Sputnik 日本, 1920, 09.07.2022
IT・科学
天の川の中心付近 生命の起源につながる物質を大量に含む分子雲を発見
今回の観測により、衛星「フォボス」の軌道や、フォボスの重力が火星の表面にどのように作用し、火星の地殻やマントルの形成に影響を与えているかをより深く理解できるようになると研究者らは説明している。
スプートニクは以前、冥王星最大の衛星「カロン」の北極が赤い理由を明らかにした研究について報じた。
関連ニュース
地球の近くで新たな多惑星系が発見される
米国の研究者ら 月の土壌で植物を育てることに成功
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала