円急騰、一時1ドル=132円51銭 米景気後退が影響か

© AFP 2022 / Behrouz Mehri 円急騰、一時1ドル=132円51銭 米景気後退が影響か
円急騰、一時1ドル=132円51銭 米景気後退が影響か - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2022
29日の東京外国為替市場は一時1米ドル=132円台半ばまで円高が急激に進んだ。6月17日以来約1ヶ月半ぶりの円高ドル安水準だという。日本の各メディアが伝えている。
日本銀行によると、この日の取引開始時点では134.38~40円だったが、一時132.51円まで急騰。午後5時時点では132.77~79円で取引された。
時事通信によると、前日に米国の4~6月期実質GDP(国内総生産)が2四半期連続でマイナス成長となり、米長期金利が低下。日米金利差の縮小を意識して円が買い戻されたという。
日本の銀行 - Sputnik 日本, 1920, 25.07.2022
日本の銀行は頑固に「ハト派政策」を継続
2022年2月にウクライナ情勢が悪化して以来、米国はインフレ対策として金利の上昇など金融引き締め政策を実施。一方、日本銀行は国内の景気対策としてゼロ金利政策を続けていたため、より利回りを見込めるドルが買われ、円安が進んでいた。
7月14日には一時1ドル=139円台まで円が下落し、1998年9月以来24年ぶりの円安水準を記録していた。だが、直近では円高傾向に転じ、約2週間で6円以上の円高が進んだ。
関連ニュース
日本 6月の消費者物価 約7年ぶりの伸び率
日本 上半期の貿易赤字が過去最大 対ロシアでも貿易赤字に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала