新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

銀河の近くにまばゆく光る天体 太陽100万個分のX線を放出

© 写真 : Robba et al.銀河の近くにまばゆく光る天体 太陽100万個分のX線を放出
銀河の近くにまばゆく光る天体 太陽100万個分のX線を放出 - Sputnik 日本, 1920, 30.07.2022
国際研究チームが、ちょうこくしつ座に位置する銀河「NGC 55」を観測したところ、非常に強いX線を放出する天体「XMMU J001446.81-391123.48」を発見した。この発見についてまとめた論文が、査読前論文サーバ「アーカイヴ」に掲載されている。
研究者らは今回、欧州宇宙機関のX線観測衛星「XMM-Newton」とガンマ線バースト探査衛星「スウィフト」を用いて観測を行った。この天体は超大光度X線源ともよばれ、銀河の周囲には異常に強いX線源が存在することが知られている。
超大光度X線源は太陽100万個分のX線を放出することから、その放射光が極めて強いという特徴がある。研究者らによると、この天体が放出するX線スペクトルは、他の超大光度X線源と同様、2種類の放射からなるという。
また研究者らは、この天体のX線放射に起こる変化が周期的にあるかどうかを調べているが、まだそういったシグナルは見つかっていないという。
宇宙 - Sputnik 日本, 1920, 15.07.2022
IT・科学
宇宙で最も強い磁場が発見される
スプートニクは以前、米航空宇宙局(NASA)が宇宙初期の銀河を捉えた画像を公開したと報じた。
関連ニュース
天の川の中心付近 生命の起源につながる物質を大量に含む分子雲を発見
冥王星の衛星「カロン」の北極が赤い理由が判明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала