日本 岸田首相 新内閣の重点事項の1つに防衛力の抜本強化

© AP Photo / Rodrigo Reyes Marin内閣改造の記者会見に臨む岸田文雄首相
内閣改造の記者会見に臨む岸田文雄首相 - Sputnik 日本, 1920, 10.08.2022
日本の岸田文雄首相は9日、新内閣に関する記者会見を行った。冒頭で岸田氏は、新内閣は「骨格を維持しながら有事に対応する『政策断交内閣』」であり、「数十年に一度とも言われる難局を突破するため、新たな自民党・公明党の連立政権を発足させた」と説明した。
岸田氏は、この内閣で新型コロナウイルス、ウクライナ情勢、米中関係の緊張、物価高などの課題に取り組むと発言。現在、日本の内外で歴史を画するような課題が生じており、「期待に応える有事の内閣をすみやかに整えていくため、内閣改造を断行した」と述べた。
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が日本外国特派員協会で記者会見を行った  - Sputnik 日本, 1920, 10.08.2022
日本の政治家と旧統一教会のつながり
過剰なメディア報道は止めてほしい、特定の党との関係はない=旧統一教会会長
その上で岸田氏は、政権では重点的に5つのことに取り組んでいくと強調。その5つとは防衛力の抜本強化、経済安全保障政策の推進、経済再生、新型コロナの感染症法上の取り扱いを含めた対策の在り方、少子化対策。
岸田氏は防衛相に浜田靖一氏を起用した。これについて岸田氏は、防衛相や衆院安全保障委員長を歴任した浜田氏は「まさにわが国の安全保障、防衛政策を熟知する」と評価し、「強いリーダーシップを発揮していただく」と述べた。
岸田氏は10日、第二次岸田改造内閣の顔ぶれを決め、松野博一官房長官が閣僚名簿を発表した。19閣僚のうち、初入閣は9人、留任は5人となった。
関連記事
日本 入閣予定の3人が旧統一教会と関係あり
岸田首相 内閣改造で政府・与党を結束 新体制で難局突破に全力の考え
信頼なくして、核軍縮なし
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала