新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

スーパーオーシャンを伴う惑星発見

CC0 / / 宇宙
宇宙 - Sputnik 日本, 1920, 29.08.2022
モントリオール大学のシャルル・カディエ氏が率いる国際研究グループは、太陽系外惑星TOI-1452bを発見したことを発表した。惑星は地球から約100光年離れたドラコ座の連星系にある星の1つを周回。スーパーアースであり、全体に海洋に覆われていると推測されている。この発見については学術誌「The Astronomical Journal」で論文が発表されている。
太陽系外惑星は宇宙望遠鏡TESSを利用して発見され、11日毎にTOI-1452の明るさが低下するこ とが明らかになった。これは地球の1.7倍の大きさである同惑星の通過スピードと一致する。専門家らは、モンメガンティック天文台での地上観測により、同天体が確かにスーパーアース級の惑星であることを確認した。
TOI-1452は、岩石系スーパーアースから想定されるよりも遥かに低密度(1立方センチあたり5.6グラム)の半径と質量をもっており、質量の3割を水が占めている可能性がある。参考までに、全地球の海洋の質量は地球の質量の1パーセントに満たない。これは木星の衛星ガニメデやカリスト、あるいは土星の惑星タイタンやエンケラドゥスなどの太陽系の複数衛星の氷河海洋の割合と一致している。
チェブラーシカ、宇宙へ - Sputnik 日本, 1920, 20.08.2022
IT・科学
チェブラーシカ、宇宙へ
惑星は親星TOI-1452を11日間かけて公転する。星自体は赤色矮星に属し、太陽より遥かに小さく、太陽と冥王星間の距離の2.5倍である97天文単位という比較的近い距離で同タイプの伴星を周回しています。
関連ニュース
地球軌道上は混雑している 空の混乱を避ける方法とは?
ロスコスモス: 「ロシアの新たな宇宙ステーションは地球のフォローに役立つ」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала