新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

歯は魚の鱗が高度に進化したもの? 研究で明らかに

化石のサメの歯 - Sputnik 日本, 1920, 29.08.2022
古代に絶滅した魚の鱗が、歯の起源になった可能性があることが、米国の研究で明らかになった。この発見についてまとめた論文が、科学誌「Journal of Anatomy」に掲載されている。
米ペンシルベニア大学の研究者らは今回、6500万年前から1億年前まで北米に生息していた古代のノコギリザメの化石について研究を行った。この生物は、現在のノコギリザメと同様に、鼻の周りにギザギザしたトゲを持ち、そのトゲで外敵を追い払ったり、捕食する時に役立てていた。このトゲは、体にあるウロコが変化したものと考えられている。研究者らは当初、歯の進化の歴史を調べるつもりで研究を進めていたわけではなかったが、鱗の上層部がサメの歯のエナメル質と似た構造であることに気がついたという。
考古学 - Sputnik 日本, 1920, 09.05.2022
世界最大の魚竜の歯が発見
研究者らは、鱗と歯が同時期に同じような構造を発達させた可能性もあるが、やはり私たちの口の中にある歯が実は魚の鱗が高度に進化したものである可能性が高いと指摘している。
関連ニュース
古代の巨大ザメ「メガロドン」 シャチを丸呑み?
ティラノサウルス、頭蓋骨を守るために目が小さく=研究で判明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала