露外務省報道官、米報道官のファシスト発言にコメント

© The Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation露外務省ザハロワ報道官
露外務省ザハロワ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 29.08.2022
ロシア外務省のザハロワ報道官は、米ホワイトハウスのカリーヌ・ジャン=ピエール報道官が、共和党の方向性について、米国社会にファシズムが台頭していると述べたことについてコメントした。
ザハロワ報道官は、自身のテレグラム・チャンネルに次のように綴った
「イスラエル人の政治家が、(ウクライナの政治体制について指摘したように)共和党議員の中にユダヤ人が多いからファシストにはなれないなどと言うだろうか。それとも、米国人自身が、この事実を容認したことに反論するのを待つべきなのだろうか」
ジョー・バイデン米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 28.08.2022
米議会 バイデン大統領が国家安全保障の分野で失敗したと非難
米国のジョー・バイデン大統領は、これより前、民主党全国委員会のイベントで、「米国を再び偉大に」というスローガンを唱えるドナルド・トランプ前大統領の支持者らについて、彼らは「半ばファシズム」だと批判した。これに対し、ジャン=ピエール報道官は26日のブリーフィング会見で、バイデン大統領はトランプ支持者らが「ファシスト」のようだという自身の評価を忌憚なく口にし、今後も米国人の権利のためにファシストと戦い続けるだろうと述べた。
関連ニュース
ウクライナ危機を利用して票を集めるバイデン政権=専門家
米国は日中の経済関係を弱めようと日本を脅迫している=ロシア外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала