円相場、1ドル138円台まで値下がり 1カ月ぶり

円 - Sputnik 日本, 1920, 29.08.2022
東京外国為替市場では29日午前、円安が進み、一時1ドル138円台に下落した。138円台は7月21日以来、約1カ月ぶり。NHKなど日本の各メディアが報じた。
米国で25日から27日にかけて開催された経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」で、FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長は、金融引き締めを続ける姿勢を示した。
一方、日本経済新聞の報道によると、日銀の黒田総裁は大規模な金融緩和を続けると表明。日米の金利差の拡大が見込まれている。
米国は日中の経済関係を弱めようと日本を脅迫している=ロシア外務省 - Sputnik 日本, 1920, 27.08.2022
米国は日中の経済関係を弱めようと日本を脅迫している=ロシア外務省
これらを受け、利上げが長期間続くという見方が広がり、円を売ってドルを買う動きが強まっている。
NHKの記事によると、市場関係者は「米国の景気が冷え込むことへの懸念もあるが、今日は日米の金利差を意識した取引が続いている」と話している。
関連ニュース
ロシアから撤退した外国企業 その損失は?
日本 ロシア事業撤退の動きが減退
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала