米国文明の崩壊が迫っていることを示す5つの兆候とは?

© AFP 2022 / Jewel Samad米国、ハリケーン(アーカイブ)
米国、ハリケーン(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 31.08.2022
米国の文明は内部から崩壊しつつある。米紙「ワシントン・タイムズ」のコラムニストであるドン・フェダー氏は、この現象がいくつかの兆候によって証明されていると指摘している。
フェダー氏は、「文明は自己再生ができるものではない。文明には、労力と意志が必要だが、米国では誰も働こうとしないし、意志もない」と述べた上で、米国の崩壊が迫っていることを示す5つの兆候を挙げている。
1つ目の兆候は、米国への入国を目指す移民の流れを抑制していないこと。2022年以降、200万人以上の移民が米国に入国しているが、これは2021年の同時期のほぼ2倍にあたる。フェダー氏は、それまでテキサス州兵が警備していた南部国境のゲートを大勢の移民に対して開放した点を挙げている。
米国メディア ウクライナ難民の米国移住が困難になる恐れ - Sputnik 日本, 1920, 03.04.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
米国メディア ウクライナ難民の米国移住が困難になる恐れ
2つ目は、店内の商品を集団で略奪する行為。フェダー氏は、これを「最新の犯罪イノベーション」だと表現している。米国では最近、人々が大挙して店に押し入り、目についた商品をすべて持ち去っていく事件が発生した。また、多くの都市の警察は、軽犯罪の取り締まりをあきらめているという。警察は、検察官が逮捕者を路上に戻すことを知っているためだ。
3つ目の兆候は、米国の現代のエリートが自国の国家が設立された当時の価値観を嘲笑する現象が起きている点。フェダー氏によると、バージニア大学の学生新聞の社説では、アメリカ独立宣言を作成した一人であるトーマス・ジェファーソンが創設した学校の名前から、ジェファーソンの名前を削除するよう要求していた。
トランプ氏「米国は衰退し、笑いものに」 - Sputnik 日本, 1920, 26.06.2022
トランプ氏「米国は衰退し、笑いものに」
4つ目は、薬物の蔓延。同氏は、中国が麻酔や鎮痛で利用される医薬品「フェンタニル」を米国に輸出していると非難しており、この薬品が18歳から45歳の米国人の主な死因になっていると指摘している。
そして最後の5つ目の兆候は、米国の出生率が異常に低下している点。
フェダー氏は、「健全な社会では、人口が増加している。米国の出生率は史上最低の水準まで低下しており、米国の出産可能年齢の女性1人当たりの子供の数は現在1.78人。世代交代を行うためには、この数値が少なくとも2.1でなければならない。(中略)イーロン・マスク氏は、人口崩壊を『文明に対する最大の脅威』だと表現している」と述べている。
Пожилые родители и взрослый сын - Sputnik 日本, 1920, 30.10.2020
「大きな子どもたち」 成人しても親と同居は世界的な傾向になりつつある
フェダー氏は、米国の衰退を最も端的に表しているのはホームレスの増加であり、その多くは精神疾患や薬物依存症であると指摘している。
同氏は、「舗道の住人には犯罪、寄生虫、病気、使用済み注射針、糞便がつきものだ」と述べている。
さらにフェダー氏は、現代の米国の価値観を批判し、何世紀もかけて作り上げた自国の文明をないがしろにしている米国人を非難している。
最後に同氏は、米国の歴史家ウィル・デュラントの「偉大な文明は、内側から自滅しない限り、外側から征服することはない」の言葉を引用した上で、「米国では破壊者が残業している」という自らの言葉で締めくくっている。
関連ニュース
トランプ氏、旧ソ連化のおそれについて米国に警告
米国は他国に無意味に教訓を与えている=トランプ氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала