月探査目指すNASAの大型ロケット、打ち上げ再延期

© 写真 : NASA月探査目指すNASAの大型ロケット、打ち上げ再延期
月探査目指すNASAの大型ロケット、打ち上げ再延期 - Sputnik 日本, 1920, 04.09.2022
宇宙飛行士の月への着陸を目指す国際プロジェクト「アルテミス計画」で、無人の宇宙船を搭載したNASA(米航空宇宙局)の大型ロケットはケネディ宇宙センターから打ち上げられる予定だったが、NASAはカウントダウンの途中で打ち上げを延期すると発表した。打ち上げの延期は2度目。NHKが報じた。
NASAは日本や欧州も参加する国際的な月探査計画「アルテミス計画」で2025年を目標に、アポロ計画以来となる宇宙飛行士による月面着陸を目指している。
計画の第1段階として、ケネディ宇宙センターから無人の宇宙船「オリオン」を搭載した大型ロケット「SLS(スペース・ローンチ・システム)」の打ち上げが予定されていたが、NASAはカウントダウンの途中で打ち上げ延期を発表した。大型ロケットに燃料となる液体水素や液体酸素を注入する作業が行われていたものの、その際に液体水素の漏れが発生し、修復できなかったため。次回は10月に再度、打ち上げが試みられる見通し。
関連ニュース
中国、宇宙でのコメ栽培に成功
火星の大気から酸素精製、有人探査にまた一歩前進=MIT
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала