なぜ米国はロシアを必要としなくなったのか、3年後のガス価格はどれくらいになるのか?=専門家の見解

© Sputnik / Evgeny Biyatov / メディアバンクへ移行ロスネフチ社員
ロスネフチ社員 - Sputnik 日本, 1920, 05.09.2022
ロシアによるウクライナでの特別作戦を背景に、欧州各国の首脳らは、EU(欧州連合)はロシア産のエネルギー資源の輸出なしでやっていくことができるのか、またこの決定がどれほどの損害をもたらすのかを見極めようとしている一方で、1000立方メートルあたりの天然ガスの価格は3000ドル前後に達している。一方、ロシアの前燃料エネルギー相で、ロシア石油ガス工業連合会のユーリー・シャフラニク会長は、エネルギー分野における世界的な変化はすでに数年前に始まっていたとの確信を示している。今から2〜3年後、天然ガスの価格はどのくらいになっているのか、アジア太平洋地域でロシア産の燃料エネルギーをもっとも多く輸入するのはどの国なのか、露米関係がいかにしてエネルギー分野の発展に悪影響を与えたのか「スプートニク」が取材した。

極の変化

ユーリー・シャフラニク氏は、この10年の間に、エネルギー分野には世界的な変化があったと指摘し、それは主要な石油・ガスの消費者であった米国が、潜在的な輸出国になり、中国が主な消費者になったということだと説明する。
ユーラシア大陸 - Sputnik 日本, 1920, 29.08.2022
特別軍事作戦はいつ終わるのか、そしてなぜ東と西の間で合意は達成されないのか?

「エネルギー分野の変化は各国の政策を変更させました。そしてこのことは、米国の産業が急速な伸びを見せたという職業的な羨望を呼び起こし、また技術力によって燃料の備蓄の幅を広げることになりました。以前は利益にならないとされていた備蓄が、利益を生むものになったのです。1990年代も、現在も、わたしは世界の中での生存、そして統合に賛成しています。かつて、ロシアは米国や中東にとって必要な存在であり、いくつもの協定が結ばれ、またエネルギー協力に関する大統領委員会もありました。2010年の米国の液化天然ガス(LNG)の生産量は150万トンでしたが、現在はおよそ8000万トンに上っています。欧州では、すでにロシアからガスを輸送するパイプラインが敷設されていましたが、すでに当時、米国産ガスの輸出市場の一つは欧州と決定づけられていました。世界は過酷なもので、競争というのはあらゆる種類の戦いに発展する可能性を秘めています。ロシア産エネルギーの必要性が低下した途端、ロシアは競争相手となり、その競争はたちまち対立になったのです。協力停止の客観的な理由は、米国のエネルギー分野の急速な発展です」

熱波だけに終わらない 地球温暖化が呼ぶ、さらなる脅威 - Sputnik 日本, 1920, 02.08.2022
IT・科学
熱波だけに終わらない 地球温暖化が呼ぶ、さらなる脅威

欧州のロシア産エネルギーからの脱却

一方でシャフランニク氏は、欧州に対し、パイプラインを使ったロシア産ガスの輸送より有利な輸入の方法を今後20〜30年のうちに提案することは、実質、不可能だと強調する。

「政治的な決定を経済的な面で説明することはできません。総じて、ロシア産ガスから脱却することは実現可能なものです。価格の動向と対ロシア規制によって生まれる資本の一部は、輸送で利益を得る者、グリーンエネルギーを謳う者にとっては有利なものです。一方、これは消費者、国民にとっての試練であり、そしてエネルギーを用いる商品の製造者にとっては不利なのです」

シャフランニク氏は、欧州においてロシア産ガスの代替プロセスは始まっていると考えているが、これが完遂するのにはおそらく3〜5年はかかるだろうと見ている。加えてシャフランニク氏は、欧州は省エネルギーにおいて大きな成功を収めていることから、ガス価格が高騰しても、持ち堪えることができるだろうとも指摘し、「すでに公表されている措置によって、消費はすでに減少している」と述べている。
地球温暖化 - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2022
原発、水素、太陽光… 温暖化世界は石油ガスの代替に何を選ぶ?

東方への方向転換

シャフランニク氏は、石油・ガス部門における最大の望みというのは、生産者にとっても、消費者にとっても、安定であるとの確信を示している。

「パイプラインを敷設した途端に消費者に依存することになってしまうと、どうにもなりません。ロシアは1984年から欧州に対して、大規模なガスの輸出を行なってきました。そのとき以来、基本的に一度も輸出が途切れたことはありません。これ以上に安定し、信頼できる国があるでしょうか?この5年間、中国は毎年、ガスの消費を増やしています。今年は、コロナウイルスによるパンデミックとGDPの低下により、ガスの消費の伸びはやや鈍化していますが、それでも中国は、2030年までに石炭をガスに替えるという目標を立てています。欧州は、今後数年のうちに、ロシア産ガスの使用を完全に停止すると明言しています。たとえば、それをグリーン・エネルギーに代替するなどです。ロシアはガスの加工を開始し、他の地域への供給を行います。これは良いことですが、非常に大きな費用がかかることです。我々は統合の道を歩んでいたことにより、石油に関しても、ガスに関しても多くの問題が存在します。それは正しい道ではありました。しかし、現在は選択を迫られています。2月24日から7月31日までの間に、日本、台湾、韓国は55億ドル相当、中国は280億ドル相当のロシア産エネルギー資源を輸入しました。東方への輸出はかなり以前から進められており、現在の輸出増加は時期的なものですが、2023年の末には安定したものになるはずです」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала