ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナに関する国連安保理の会合は偽情報の新たなマイルストーン=露国連大使

© Sputnik / Grigoriy Sisoev / メディアバンクへ移行ウクライナに関する国連安全保障理事会の会合は偽情報の新たなマイルストーン=露国連大使
ウクライナに関する国連安全保障理事会の会合は偽情報の新たなマイルストーン=露国連大使 - Sputnik 日本, 1920, 08.09.2022
ロシアのワシリー・ネベンジャ国連大使は、米国とアルバニアのイニシアチブによって開かれた国連安全保障理事会の会合は、偽情報に関するウクライナと西側のキャンペーンにおける新たなマイルストーンである表明した。
ネベンジャ国連大使は「米国とアルバニアの要請で招集された今日の会議は、ウクライナとその西側のスポンサーが我が国に対して解き放った偽情報キャンペーンの新たなマイルストーンになる可能性が十分にある」と述べた。
これより前、ロシアのドミトリー・ポリャンスキー国連次席大使はウクライナに関する国連安保理の会議で、米国とアルバニアはロシアにおけるウクライナ人の「選別」について話し合う予定であることを明らかにした。ポリャンスキー次席大使は、ロシアには反論できることがあると述べた。同氏によると、ロシアの代表団は、西側に対して「いくつかのサプライズを用意してきた」という。
ネベンジャ国連大使は「ロシアに到着したウクライナ人、及びドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の住民は、『選別』ではなく、登録手続きを受けている」と強調した。
米元国防長官、「西側はロシアとの関係を崩壊させた罪を認めるべき」 - Sputnik 日本, 1920, 07.09.2022
米元国防長官、「西側はロシアとの関係を崩壊させた罪を認めるべき」
ロシアの調査会社「ソーシャル・マーケティング研究所(INSOMAR)」が7日に公表した世論調査の結果によると、ウクライナ南部のザポリージャ、へルソン両州の住民の大多数はロシアの一員としての未来を望んでいるという。
関連ニュース
「ウクライナへの押し付けられた平和は許容できない」=ショルツ独首相
露国連大使、「食料合意」の中止を示唆
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала