ザポリージャ原発 - Sputnik 日本, 1920, 30.08.2022
ザポリージャ原発の安全性を巡る状況
ザポリージャ(ザポロジエ)原子力発電所は、欧州最大の原子炉数と出力を誇る。同原発は、今年3月からロシア軍の保護下にある。ロシア外務省は、核物質及びその他の放射性物質の漏洩を防ぐという観点から、同原発がロシア軍の保護下にあることの正当性を強調した。ウクライナ軍は、ザポリージャ原発のあるエネルゴダル市、周辺の村、原発自体を含む都市に隣接する原発の敷地への定期的な砲撃を続けている。

ザポリージャ原発5号機の運転が停止

© Sputnik / Константин Михальчевский / メディアバンクへ移行ザポリージャ原発
ザポリージャ原発 - Sputnik 日本, 1920, 08.09.2022
ウクライナ南部エネルホダル市の行政責任者アレクサンドル・ヴォルガ氏は、送電線への砲撃により、ザポリージャ原発5号機の運転を停止せざるを得なくなったと発表した。また、6号機は13.5%の稼働効率で運転しているという。
ヴォルガ氏によると、市と原発職員が参加する委員会が8日に開かれ、原発の今後の稼働形態に関する決定を下す予定。同氏は、「砲撃があると災害救援隊は撤退する。残念ながら、送電線の修理を完了できない」と述べた。
ザポリージャ原発への攻撃続く、原発周辺に安全地帯の設置を近く当事国に提案=IAEA - Sputnik 日本, 1920, 07.09.2022
ザポリージャ原発の安全性を巡る状況
ザポリージャ原発への攻撃続く、原発周辺に安全地帯の設置を近く当事国に提案=IAEA
国際原子力機関(IAEA)は、ラファエル・グロッシ事務局長を団長とする調査団がザポリージャ原発を訪問した後、最終報告書を発表した。その報告書では、重要な設備の損傷や放射性物質が無制限に放出する恐れがあるとして、原発とその周辺への砲撃を中止するよう述べられている。同原発では現在、IAEAの代表者2人が作業を行っている。2022年3月以降、ザポリージャ原発はロシア軍の保護下に置かれている。
これより前、ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、IAEAが発表したザポリージャ原発の報告書について、IAEAの職員がすべてのデータを手にしていながら、誰が原発を砲撃したのか特定しなかったことに驚くとのコメントを発表した。
関連ニュース
ロシア国防省 ウクライナ政府がザポリージャ原発で挑発行為を試みたと非難
ウクライナ軍、ザポリージャ原発周辺のエネルゴダル市攻撃を認める
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала