中国のドローン「Qimingxing-50」 米国で軍事利用の可能性

© 写真 : Hua Chunying中国のドローン「Qimingxing-50」
中国のドローン「Qimingxing-50」 - Sputnik 日本, 1920, 11.09.2022
米誌ミリタリー・ウォッチは、中国のユニークなドローン「Qimingxing-50」が米国で民生目的だけでなく軍事目的でも使用される可能性があると報じた。
ミリタリー・ウォッチによると、Qimingxing-50は世界でも類を見ないドローンで、近宇宙を飛行することができ、偵察、監視、通信の中継、森林火災のモニタリングや大気環境の観測など、人工衛星に割り当てられた多くの役割を実行することができる。
またQimingxing-50は、中国の衛星に異常や故障が発生した場合、それに置き換わることもできるという。さらにQimingxing-50は、従来の飛行場から打ち上げられるため、衛星よりもはるかに安価で機動的とされる。
報道によると、近年、世界各国が衛星ブラインド技術に多額の投資を行っている。国が情報収集活動を行う可能性を失った場合、これは大国間の紛争において決定的な意味を持つ可能性がある。
関連ニュース
中国の第5世代戦闘機は米国のF-35より優れている=Military Watch
米軍、F-35戦闘機に未許可の中国製部品見つかる 新機体の受領停止し調査へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала