中国の第5世代戦闘機は米国のF-35より優れている=Military Watch

© AP Photo / Li Gang/XinhuaJ-20
J-20 - Sputnik 日本, 1920, 04.09.2022
中国空軍は、第5世代戦闘機「殲20(J20)」の高い機動性を初めて公に披露した。専門家らは、殲20は機動力の点で米国の戦闘機F-35ライトニングIIより優れていると指摘した。米Military Watchが報じた。
殲20の能力は、中国東北部の吉林省長春市で開催された中国人民解放軍のオープンデーで披露された。Military Watchによると、2機の殲20が飛び立ち、「世界でも数少ないクラスの戦闘機」しかできない急上昇と急旋回を披露した。専門家らは、いずれにせよ米国の第5世代戦闘機F-35は中国の殲20より機動性が著しく劣っていると指摘している。
ユーロファイター タイフーン(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 19.07.2022
2027年までに英国が新型戦闘機をテスト 日本はパートナーになり得るか?
Military Watchによると、殲20には低視認性塗装が施されており、機体重量が大幅に増加している。殲20は、機体重量に対するエンジンによる牽引力がF-35よりも優れており、これが速度と飛行中の機動力における「中国人」の優位性につながった。
先にスプートニクは、中国軍の偵察・攻撃型無人機「TB001」についても報じた。同機は最大航続距離が6000キロで、ミサイルや誘導爆弾を搭載できるという
関連ニュース
中国軍、主権擁護の用意表明 「中国の軍事的脅威」に関する日本側の発表を背景に
中国の航空機2機が台湾の防空識別圏に侵入 台湾が軍事演習を準備
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала