同時多発テロから21年 バイデン大統領が米国防総省で犠牲者を追悼、献花

© 写真 : FBI同時多発テロ後の米国防総省
同時多発テロ後の米国防総省 - Sputnik 日本, 1920, 12.09.2022
ジョー・バイデン米大統領は、2001年9月11日に発生した同時多発テロの犠牲者を追悼し、首都ワシントン郊外の国防総省で献花を行った。
21年前の9月11日、国際テロ組織「アルカイダ」のテロリストらが4機の旅客機をハイジャックし、ニューヨークの世界貿易センタービルやバージニア州アーリントンにある国防総省に突っ込んだ。
雨が降りしきる中、バイデン氏はロイド・オースティン国防長官とマーク・ミリー統合参謀本部議長を引き連れ、花輪のリボンを整え、それに触れ、胸に手を当てた。
国防総省では、乗員・乗客合わせて184人がテロの犠牲となった。
国防総省では、黙祷が捧げられ国歌斉唱が行われた後、犠牲者の名前が読み上げられ、鐘が鳴らされた。
世界貿易センタービルの崩壊を免れた連絡通路(2001年9月19日) - Sputnik 日本, 1920, 11.09.2022
9.11:空から見たあの日の風景
NHKの報道によると、バイデン氏は「暗い日々の中でわれわれは多くの努力をし、お互いを思いやり、団結したことを思い出して欲しい。我々は1つの米国としてともに民主主義を守っていく」と述べて、結束を呼びかけた。
旅客機が激突したニューヨーク・世界貿易センタービルと、旅客機が墜落したペンシルベニア州シャンクスビルでも、追悼行事が行われた。テロの犠牲者は計2997人。
関連ニュース
バイデン氏、ロシアをテロ支援国リストに加えるべきではないと発言
9.11テロのテロリストの映った映像が初公開
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала