ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ゼレンスキー大統領、ロシアとの協議行う用意ない

© AP Photo / Ukrainian Presidential Press Office ウクライナのゼレンスキー大統領
ウクライナのゼレンスキー大統領 - Sputnik 日本, 1920, 12.09.2022
ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、現時点で、ロシアと協議を行う用意はないとの考えを明らかにした。
これより前、ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、ロシアは、ウクライナ情勢をめぐり、ロシア側の提示する条件がどのように遂行されるのかについて協議を行うのであれば、外交的手段で問題を解決する用意があり、またそれを望んでいると述べ、ロシア政府の条件は以前のものと変わっていないと強調していた。
プーチン露大統領は、特別作戦の目的は「ドンバスの解放とロシアの安全保障のための条件の策定」であるとしている。
一方、ゼレンスキー大統領は、米テレビ局CNNからのインタビューに答えた中で、ロシアとの協議の可能性について問われ、「最後通牒を突きつけてくる者と対話をするつもりは今はない」とした。その上でゼレンスキー氏は、ロシアは「人口の多い、我々の隣国である」とし、「いずれにせよ、ウクライナはロシアと隣国として生きていくことになる」とも述べた。
ロシアのプーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 12.09.2022
ザポリージャ原発の安全性を巡る状況
露仏首脳が電話会談 ザポリージャ原発や穀物輸出をテーマに
ロシアとウクライナの協議は2月末に開始し、ベラルーシで2回にわたって対面形式で実施された後、毎日、オンライン形式で継続されることで合意された。3月末にはトルコのイスタンブールで協議が行われ、その後、ロシア代表団を率いたウラジーミル・メジンスキー大統領補佐官は、ウクライナが今後の協議について提案書を提出し、数年ぶりに合意の希望を示したことを明らかにした。
ロシアはこれに対し、ウクライナにさらなる譲歩を行い、キーウ(キエフ)やチェルニーヒウ(チェルニゴフ)方面への軍事行動を大幅に削減すると決定したほか、プーチン大統領とゼレンス キー大統領の会談を、外相による合意の締結と同時に行うことを提案した。
しかし、その後、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ウクライナが自らの提案を取り下げ、協議プロセスを凍結するためさまざまな挑発行為を行っていると述べた。とりわけ、外相は、ウクライナはイスタンブールでの協議で合意されたクリミアに関する条項を真っ向から否定するようなロシアとの合意案を提出し、軍事訓練実施の条件についても変更し、ロシアからの合意を受ける必要性について指摘しなかったことを明らかにしている。
関連ニュース
ウクライナは戦闘を止めれば、存在を止めることになる NATO事務総長
インドネシア G20サミットでプーチン大統領の安全を確保し、ゼレンスキー大統領との会談を手配する用意がある
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала