F-22ラプターは失敗 深刻な欠点がある=ミリタリー・ウォッチ

CC0 / Robert Sullivan / Lockheed Martin F-22 Raptor米F22戦闘機(アーカイブ)
米F22戦闘機(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 12.09.2022
F-22ラプターは、ロッキード・マーティン、ボーイング、ジェネラル・ダイナミクスが開発した第5世代多用途戦闘機で、敵の航空機と戦い、空爆から部隊や後方施設を防御し、敵の航空偵察に昼夜を問わずいかなる気象条件でも対応するためのものだが、米空軍はF-22 ラプターに問題があることを認めた。ミリタリー・ウォッチ(Military Watch)が報じた。
米ステルス戦闘機F22の最も深刻な欠点の1つは、アビオニクス(航空電子機器)と関連している。F22のコンピューターシステムは、運用が開始されるまでに時代遅れになってしまった。特に、ラプターは未だに他の航空機と情報交換することができない。また赤外線捜索追尾システムの欠如も、機体の戦闘能力を損なっている。ミリタリー・ウォッチは、胸郭を圧迫する高高度補正スーツの設計によってパイロットの間で発生した「ラプター咳」についても言及している。また、F-22の高度な整備要件が低稼働率につながったことも指摘している。
J-20 - Sputnik 日本, 1920, 04.09.2022
中国の第5世代戦闘機は米国のF-35より優れている=Military Watch
F-22は、初めて就役した第5世代戦闘機。1980年代に提案された先進戦術戦闘機計画(ATF)の一環として開発された。
関連ニュース
START3に代わる新核軍備管理システム バイデン大統領が露と討議の用意を表明
ウクライナはNATOの装備へ移行する=米防総省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала