ウクライナの安全保障の保証草案はNATOに裏口から加盟しようとする試み トルコ人専門家

© NATOウクライナの安全保障の保証草案はNATOに裏口から加盟しようとする試み トルコ人専門家
ウクライナの安全保障の保証草案はNATOに裏口から加盟しようとする試み トルコ人専門家 - Sputnik 日本, 1920, 16.09.2022
ウクライナのゼレンスキー大統領府は、同国の安全保障に関する草案を発表した。ウクライナの安全を保証する国として、草案にはEU諸国、米国、英国、オーストラリア、トルコが明記された。文書には「保証の草案は、トルコやルーマニア、ブルガリアなどの沿岸国との黒海における地域安全保障協定も含むことができる」と書かれている。スプートニクがトルコの外交筋から得た情報によると、トルコはウクライナの草案内容については通知を受けたものの、ウクライナは保証国として提案した各国との協議をまだ行っていない。
トルコの左翼民族主義政党「母国党(バタン党)」のセミ・コライ国際関係局長は、ウクライナの安全保障の保証草案についてのスプートニクからの取材にコメントし、起草の上でウクライナには自主性がないことを強調した。
「NATOは最初からこの危機でウクライナがどのような損失を被るかなど、全く気にも留めていなかった。なぜなら、NATOの目的はロシアを封じ込め、弱体化させることだったからだ。彼らにとっては誰が代償を払うかなんてどうでもいい。NATOがウクライナについて流すウソ泣きの『涙』はすべて、世論の注意をそらすための偽装以外の何物でもない。ウクライナの提示した保証条件はまさに『裏口から』NATOに加盟しようとする試みだ。この条件は、ウクライナのためではなく、NATOの利益になる」コライ氏はこう強調する。
ウクライナはNATOの装備へ移行する=米防総省 - Sputnik 日本, 1920, 25.08.2022
ウクライナはNATOの装備へ移行する=米防総省

「実際は、ウクライナが保証条件に『包括的な制裁』を盛り込んだのは、ウクライナに有利ではなく、ウクライナ当局がNATOの目を通して問題を見た結果だ。 現在の危機の根底にあるのが、ロシア、中国、トルコといった国際的に重要なプレーヤーを包囲し、支配下に置こうとするNATOの欲望であることを考えると、その解決には、目標の達成を狙うNATOの試みをくじくしかない。本質的には、これこそがロシアのウクライナにおける特殊作戦の任務だ。つまり、ゼレンスキー政権が提示した保証条件は、危機解決のためではなく、危機をさらに悪化させるためのものだ」コライ氏はこう結論づけている。

関連ニュース
西側陣営は安全保障の担い手としての役割を果たせたことがない=ザハロワ報道官
NATO 米国に武器供与の迅速化を要請
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала