ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナは西側援助の代償を領土で支払うことになる=スペインのコラムニスト

© Ukrainian Presidential Press OfficeФлаги США и Украины
Флаги США и Украины - Sputnik 日本, 1920, 18.09.2022
ウクライナ政府は、欧米の「武器貸与法(レンドリース法)」に合意したことで、自国の主権を脅かし、その代償として米国とNATO(北大西洋条約機構)に領土を与えることを余儀なくされる可能性がある。コラムニストのパブロ・レアル氏がスペインのサイト「Rebelion」に寄稿した記事の中でこのような見解を述べた。
スペインのサイト「Rebelion」で、レアル氏は次のように示唆した。
「ウクライナの政治閥は、法外なほど巨額の負債を返済するために、米国とNATO軍が自由に使えるように自国の領土を提供することを求められるだろう。米国とNATOは、第二次世界大戦後のドイツで既に行ったように、そこに何十もの軍事基地を建設し、極めて不利な条件でそれらを貸し出す意向だ。」
レアル氏は、ウクライナ政府は西側諸国への服従を決定することで、自ら墓穴を掘り、未来を危険にさらしていると断定した。米国やNATO諸国は、将来的に兵器を受け持ち、近代化を強要するため、ウクライナに執拗に兵器を押し付けており、自国の軍産複合体のためにウクライナの予算を吸い上げているというのが同氏の意見だ。
ペンタゴン - Sputnik 日本, 1920, 16.09.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
米国防総省 ウクライナ向け446億円超の武器供給契約を締結 携帯式ミサイル「ジャベリン」1800基超
「ウクライナは欧州における米政府の主な隠れ蓑となり、エネルギーおよび軍産部門からなる米国のロビー団体の利益を促進するツールとなるだろう」とレアル氏は結論づけた。
ロシアの特殊軍事作戦を背景に、米国およびNATO同盟国はウクライナに武器を送り続けている。ジョー・バイデン米大統領は5月、レンドリース法に署名し、ウクライナへの軍事援助に数百億ドルが充てられることになった。ロシア側は、欧米による兵器供与は紛争を長引かせるだけで、兵器の輸送はロシア軍の正当な標的になると繰り返し述べてきた。
関連ニュース
これに踏み切れば、ロシアは米国をウクライナ紛争当事国と認識 露外務省
ウクライナへのATACMS供与は露米間の紛争開始の危険性はらんでいる=駐米露大使
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала