ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナへのATACMS供与は露米間の紛争開始の危険性はらんでいる=駐米露大使

© 写真 : Public DomainウクライナへのATACMS供与は露米間の紛争開始の危険性はらんでいる=駐米露大使
ウクライナへのATACMS供与は露米間の紛争開始の危険性はらんでいる=駐米露大使 - Sputnik 日本, 1920, 15.09.2022
アナトリー・アントーノフ駐米ロシア大使は、スプートニク通信からのインタビューに応じ、米国による最大射程300キロの地対地弾道ミサイルATACMSのウクライナへの供与開始は、米国をロシアとの軍事紛争に直接引き込む危険性をはらんでいるとの考えを明らかにした。
大使は、ウクライナ政府が米国からそのような武器を受け取れば、ロシアの大都市および産業インフラや輸送インフラが攻撃範囲に含まれることになると指摘し、「そうなれば、米国はロシアとの軍事対立に直接、引き込まれることになるだろう」と警告した。さらにアントーノフ氏は、ウクライナ軍は、政府がウクライナの一部としている領土でも「常態的に人権を侵害している」と付け加えている。
ウクライナ政府、23年度国家予算の約5割を国防費に割り当て - Sputnik 日本, 1920, 14.09.2022
ウクライナ政府、23年度国家予算の約5割を国防費に割り当て
アントーノフ大使は、「ドンバスの居住区が砲撃にさらされ、罪のない民間人が殺害されている。ウクライナの武器にナチスのシンボルマークがつけられているのか見てほしい。このようなことがドネツク人民共和国やルガンスク人民共和国に対して行われ、ウクライナ軍が米国の長距離ミサイルを手にすれば、彼らはためらうことなくロシアに対してもこの兵器を使用するだろう」と述べた。
関連ニュース
ウクライナ、同国への安全保障提供に関する草案を公表 非軍事保証国として日本を提案
ゼレンスキー大統領、ロシアとの協議行う用意ない
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала