ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

核兵器の使用に断固反対、ウクライナとロシアの紛争を域外に飛び火させない=独首相

© AP Photo / Markus Schreiber核兵器の使用に断固反対、ウクライナとロシアの紛争を域外に飛び火させない=独首相
核兵器の使用に断固反対、ウクライナとロシアの紛争を域外に飛び火させない=独首相 - Sputnik 日本, 1920, 22.09.2022
ドイツは核兵器使用の可能性に関する露首脳の発言を批判するほか、ウクライナに対する支援を継続し、ロシアとウクライナ間の衝突が域外に飛び火することを断固として阻止する。オラフ・ショルツ首相が独公共放送連盟(ARD)の生中継に出演した中で発言した。
ショルツ首相はプーチン大統領があらゆる可能性を検討すると言及したことを受け、核兵器の使用は検討してはならないと釘を刺した。ARDの取材に対し、ショルツ首相は次のように発言した。

「核兵器について言及されている今もなお我々は、これを受け入れない、と言おう。それと同時に、我々はウクライナ支援に向けて連携し、果敢な態度を継続し、ロシアとウクライナの間で直接的に進んでいる戦争を域外と発展させない」

国連におけるロシアの役割は誰にも剥奪できない=中国外相 - Sputnik 日本, 1920, 22.09.2022
国連におけるロシアの役割は誰にも剥奪できない=中国外相
またドイツのランブレヒト国防相は独ZDFの取材に対し、プーチン大統領の戦略を見極めることはかつてなく困難になったと指摘しつつも、核兵器使用に関する発言は西側の結束にくさびを打つための脅しに過ぎないと評価した。また、ウクライナ紛争の当事国になることは断固として避けると表明した。
関連ニュース
中国はウクライナ危機の当事者に対話を呼びかけ、英国は状況激化を非難 ロシアの動員に対する反応
ショルツ首相がドイツの安保理常任理事国入りを主張、加盟国に支持呼びかけ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала