ショルツ首相がドイツの安保理常任理事国入りを主張、加盟国に支持呼びかけ

© AP Photo / Markus Schreiberショルツ首相がドイツの安保理常任理事国入りを主張、加盟国に支持呼びかけ
ショルツ首相がドイツの安保理常任理事国入りを主張、加盟国に支持呼びかけ - Sputnik 日本, 1920, 21.09.2022
ドイツは国連安全保障理事会の常任理事国になる用意がある。ドイツのオラフ・ショルツ首相が国連総会の一般討論演説で表明し、ドイツの常任理事国入りに向けた支援を要請した。
ショルツ首相は一般討論演説で次のように呼びかけた。

「ドイツは長年にわたって国連安保理の改革とその拡大を主張してきた。何よりもまず、グローバルサウス(南半球の発展途上国:スプートニク通信注)の国々をもっと多く加えることを呼びかけている。ドイツは常任理事国としてより多くの責任を負う用意があり、その手始めとして2027年から28年にかけて非常任理事国となる。私は我が国の候補を支援するよう呼びかける。我が国は国連憲章を遵守し、協力を表明し、その活動に参加している」

仏大統領、国連総会で安保理の改革を提案 - Sputnik 日本, 1920, 21.09.2022
仏大統領、国連総会で安保理の改革を提案
ショルツ首相が国連総会に参加するのはこれが初めて。ドイツの代表団にはその他、アンナレーナ・ベアボック外相も加わっている。
また、ショルツ首相は国連のアントニオ・グテーレス事務総長と会談した中でウクライナ情勢を検討したほか、国連とドイツの協力関係についても意見を交わした。
関連ニュース
国連総会で岸田首相が一般討論演説、「安保理改革に交渉開始を」
「挑発とシニシズム」 欧州、NATO首脳陣、ロシア編入の住民投票に早くも反発
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала