仏大統領、国連総会で安保理の改革を提案

© Sputnik / Roman Makhmutov / メディアバンクへ移行仏大統領、国連総会で安保理の改革を提案
仏大統領、国連総会で安保理の改革を提案 - Sputnik 日本, 1920, 21.09.2022
フランスのエマニュエル・マクロン大統領は米ニューヨークで開催されている第77回国連総会で一般討論演説を行い、安全保障理事会の改革を提案した。
マクロン大統領は演説で次のように発言した。
「私は国連安全保障理事会の改革に取り組むことを願う。これにより安保理がより包括的なものとなり、新たな常任理事国を迎え入れ、大規模犯罪があった場合は拒否権発動の権限を制限することで自らの課題を遂行できる状態にすることを提案する」
このようにマクロン大統領は、大規模犯罪があった場合には拒否権発動を制限する仕組みづくりを提案した。
日本の林外相 - Sputnik 日本, 1920, 13.09.2022
日本、国連総会で安保理改革に関する立場表明へ
国連安保理は15カ国で構成され、国連の中でも法的効力を持つ唯一の機関となっている。5カ国が常任理事国で、拒否権を持っている。非常任理事国の10カ国はそうした権限を持っていない。
関連ニュース
米法務省、凍結ロシア資産のウクライナへの譲渡 法制化を議会に要請
「挑発とシニシズム」 欧州、NATO首脳陣、ロシア編入の住民投票に早くも反発
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала