スウェーデンとフィンランド、今年の12月末までにNATOに加盟する可能性がある=ポリティコ紙

© AP Photo / Virginia MayoNATO
NATO - Sputnik 日本, 1920, 23.09.2022
フィンランドとスウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟プロセスは、今年12月末までに完了する可能性がある。ダグラス・ヒッキー在ヘルシンキ米国大使が表明した。ポリティコ紙が報じた。
現在、フィンランドとスウェーデンのNATO加盟に関する議定書は、同盟30か国のうち27か国によって批准されており、これまでのところ、ハンガリー、スロバキア、トルコは批准していない。
ポリティコによると、スロバキアは間もなく同盟の拡大を正式に支持する可能性が高く、ハンガリーとトルコは最終決定を2023年まで延期する予定だ。トルコは、来年6月に行われる総選挙まで「保留」される可能性がある。
ロシアのハキモフ大統領特別代表(上海協力機構担当) - Sputnik 日本, 1920, 20.09.2022
プーチン大統領の特別代表、上海協力機構が東方版NATOになる可能性があるかどうかについて語る
一方、ヒッキー氏はNATO拡大のプロセスが2022年末までに完了する可能性があると考えている。ポリティコによると、米大使は、ハンガリー大使との会談後、ブダペストが近い将来にフィンランドとスウェーデンのNATO加盟に同意するという結論に達した。またヒッキー氏は、トルコが議定書の批准を完了していない唯一の国になることを望んでいないと指摘している。
ヒッキー氏は、ウクライナ情勢を巡り、この問題においては時間が決定的に重要だ。 同氏は「我々はそれをしなければならない。状況を安定させなければならない」と述べた。
7月4日、フィンランドとスウェーデンがNATOへの加盟交渉を開始し、第1ラウンドが終了した。通常、交渉プロセスには数年が要することから、これは、同盟の歴史上、かつてない記録といえる。
これより前、ロシア外務省情報報道局のアレクセイ・ザイツェフ副局長は、スウェーデンとフィンランドはNATOに加盟することで自分たちが対ロシアの地政学的ゲームに引き入れられることをゆるしたとし、両国はこれに対するロシアからの反応に遭遇するだろうと表明していた。
関連ニュース
「挑発とシニシズム」 欧州、NATO首脳陣、ロシア編入の住民投票に早くも反発
トルコの上海協力機構加盟、NATO脱退が必要=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала