146キロのサメ 9歳の少年が竿釣り

サメ - Sputnik 日本, 1920, 23.09.2022
南アフリカで9歳の少年が、146キロのクロヘリメジロザメを竿で釣り上げた。デイリミラー紙が報じた。
デイリーミラー紙によると、サメを釣ったサンドレ・デ・ビール君は3歳の頃から父親のサンダーさん(35)と一緒に釣りを興じている。少年は過去にも40分間の格闘の末に79キロのサメを捕まえた経験があるが、今回の大物はさらに印象的だったという。
サンドレ少年は2時間半かけて、この大物を岸に引き上げた。この間、父親は手を出さず、時折アドバイスをしていた。サメは体重を測った後、海に戻された。
巨大魚 - Sputnik 日本, 1920, 04.07.2022
八丈島深海でヨコズナイワシを撮影 今年捕獲された他の巨大魚は?
クロヘリメジロザメは、最高で体長3メートルにもなる。上顎の歯が細くて鉤状になっているのが特徴で、主に頭足類の軟体動物、硬骨、軟骨の魚を捕食する。
関連ニュース
フロリダで13歳の少年がサメに顔を噛まれる
釣り人が9000万年前の魚の化石を発見
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала